ゆい偉人館
HOME偉人記念館PC版へ移動現在:スマホ版 地域の達人分野別偉人ゆいの言葉偉人ランキングサイト情報
 

〔偉人〕

土屋文明(つちや ぶんめい)


〔こ〕の偉人 坪内逍遥 壷井栄
土屋文明 角田柳作

プロフィールバー
俗称・筆名 土屋文明
本名 土屋文明
生誕 明治23年(1890年)9月18日 群馬県西群馬郡上郊村保渡田 (現高崎市)に生まれる。父保太郎、母ヒデ
死没 平成2年(1990年)12月8日、100歳で死去
出身地 群馬県高崎市保渡田
最終学齢 大正5東京帝国大学
職業 歌人、国文学者、小説家、教育家、明治大学教授
ジャンル 文学
活動  齊藤茂吉の後を受けアララギ派の指導的存在となる。戦後群馬吾妻に疎開し万葉集の研究に専念、「万葉集私注」を出版、万葉集研究の第一人者となる。昭和38年より宮中歌会初召人となる。

諏訪高等女学校校長(1920年)、アララギの編集発行人

宮中歌会始選者(1953年~1962)
受賞歴 昭和61年文化勲章受章
文化勲章受章(1986年)
万葉集私注により芸術院賞受賞
代表作 〔歌集〕
 「ふゆくさ」(1909年)
 「往還集」(1929年)
 「青南集」(1960年)
 「短歌研究」創刊
 「万葉集年表」(1932年)
 「万葉集私注」 全20巻 筑摩書房 (1949-56年)
 「土屋文明歌集」(1984年)
記念館 〔群馬県立土屋文明記念文学館〕
 高崎市保渡田町2000
 TEL:027-373-7721
言葉・信条
出版物 戦後群馬吾妻に疎開し万葉集の研究に専念し「万葉集私注」を出版、万葉集研究の第一人者となる。




土屋文明の写真
(出典:港区ゆかりの人物データベース)







あいうえお
かきくけこ
さしすせそ
たちつてと
なにぬねの
はひふへほ
まみむめも
やゆよ
らりるれろ
わをん  

青木青眠 記
ページのトップまで戻る

カラオケ愛唱館おすすめ今日の運勢館
















inserted by FC2 system