ゆい偉人館
HOME偉人記念館PC版へ移動現在:スマホ版 地域の達人分野別偉人ゆいの言葉偉人ランキングサイト情報
 

〔偉人〕

千葉常胤(ちば つねたね)


〔こ〕の偉人 千葉常胤

プロフィールバー
俗称・筆名 千葉介(ちばのすけ)
本名 千葉常胤(ちばつねたね)
生誕 1118年(元禄元年)
死没 1201年(建仁元年)
出身地 千葉県千葉市
経歴 平安時代末期~鎌倉時代初期 
職業 武将、上総権介、下総権介
ジャンル 鎌倉幕府筆頭御家人
活動
代表作
記念館
言葉・信条


 源頼朝に父と呼ばれた武将・千葉常胤は千葉県、千葉氏が原点。2022年、1年間にわたりNHK大河ドラマ[鎌倉殿の13人]が放映され多くの方が視聴しました。

 鎌倉幕府を開き、初めて武士政権をつくった源頼朝は、伊豆の国市韮山で兵を挙げ平家の目代・山木兼隆を撃ったが、その後、真鶴町近くの石橋山で 平家方に惨敗し、房総半島の鋸南町に逃がれた。

 この時、最初に賴朝に味方し、千葉・関東の豪族を纏め賴朝の旗揚げに協力して鎌倉入りを進言し、鎌倉幕府創建に尽力したのが千葉常胤。千葉市には千葉城(亥鼻城)や千葉神社等の遺跡が遺っている。千葉一族縁の歴史を千葉常胤と共に学べたら幸いです。


千葉常胤の写真
(出典:Wikipedia)







あいうえお
かきくけこ
さしすせそ
たちつてと
なにぬねの
はひふへほ
まみむめも
やゆよ
らりるれろ
わをん  

青木青眠 記
ページのトップまで戻る

カラオケ愛唱館おすすめ今日の運勢館
















inserted by FC2 system