ゆい偉人館
HOME偉人記念館PC版へ移動現在:スマホ版 地域の達人分野別偉人ゆいの言葉偉人ランキングサイト情報
 

〔偉人〕

上総介広常(かずさのすけひろつね)


〔か〕の偉人 河鍋暁斎 蟹江一太郎
川合玉堂 川端康成 加藤まさを
葛飾北斎 河合継之助 上総介広常

 上総介広常(かずさのすけひろつね)は平安時代末期の武将、豪族である。現在の千葉県一宮市周辺一帯を治めていた。上総介広常は鎌倉を本拠とする源義朝の郎党であった。保元の乱(1156年)では源義朝に属し、平治の乱(1159年)では頼朝の兄・悪源太義平に従い活躍し《義平十七騎の一騎》に数えられていた。平治の乱で敗れた後は平家に従っていたが、平家方および同族内のもめごとに直面していた。

 源頼朝が旗揚げした時に1万騎をひきいて、墨田川畔に到着したが、頼朝に遅いと咎められた。が、その頼朝の器量の大きさに打たれ帰順したとされる(東鑑)。 他の説では最初から参加は了解済で、平家方の掃討や、船の準備が整わず遅れる事、連絡済という説もある。

 源頼朝の進路図を見ると、頼朝は短期間で鎌倉入りを果たしている。関東周辺の源平勢力図を見ると、まだまだ、平家方の武士が多い中、平家方の勢力を平定し、頼朝軍に参陣するには時間が必要であった。上総介広常や千葉常胤の協力援助があって、関東武士が流れを打って源氏方になびき、頼朝の鎌倉入りが可能になった。

 富士川の戦いで平家軍を破った時、頼朝は一気に京都に攻めのぼりたかったが、上総介広常や千葉常胤は、常陸の佐竹氏を討伐し、関東を固めた上で上洛すべきと説いた。その結果佐竹氏の金砂城(茨城県)を落とし関東を平定した。

 2022年のNHK大河ドラマ「鎌倉殿13人」では上総介広常は13人の1人に名を連ねていた。上総介広常は誤解を受ける言動もあり、頼朝の命を受けた梶原の景時によって殺害された。故郷の「一之宮神社」から、後に無実の証拠も出てきたが、歴史は変わらず、上総の地は千葉常胤の一族に与えられ、上総介一族の復活はなかった。


プロフィールバー
俗称・筆名 上総介広常
本名 上総介広常
生誕 不詳
死没 1184年2月3日
平常澄
官位 上総権介
ジャンル
活動
代表作
墓所 横浜市金沢区朝比奈の五輪塔
言葉・信条


上総介広常の写真
〔出典:Wikipedia〕


1156年

保元の乱では源義朝(頼朝の父)に従い出陣

1159年

平治の乱では源義平(頼朝の兄)に従い活躍

1180年
(治承年)

9月 源頼朝の旗揚げに協力し参戦する
10月 富士川の戦いに参戦
11月 平家方・佐竹氏の金砂城を攻め滅ぼす

1183年
(治承2年)

12月に謀反の疑いをかけられ、梶原景時に鎌倉御所内で暗殺された。

1183年
(寿永3年)

正月、広常の鎧から頼朝の武運を祈る文書が見つかり、謀反の疑いが晴れ、一族は許された。
しかし、広常の領地は千葉常胤(ちばつねたね)に与えられたままであった。



〔上総介広常をもっと知る〕

 上総介広常を更に詳しく知りたいときには、スマホを横長に回転してから、ページ最上部の〔GoTo PC版〕ボタンをタップしてご覧ください。



あいうえお
かきくけこ
さしすせそ
たちつてと
なにぬねの
はひふへほ
まみむめも
やゆよ
らりるれろ
わをん  

青木青眠 記
ページのトップまで戻る

カラオケ愛唱館おすすめ今日の運勢館
















inserted by FC2 system